冬季のワキガ対策

冬期の環境条件や加齢により、乾燥肌になりやすいので、敏感肌、肌荒れなどが悩みの種になりますよね。どんなに気を使っても、20代以後は、皮膚の潤いを維持するために必要不可欠な成分が消失していくのです。
基本となるお手入れ方法が適切なら、使ってみた感じや塗った時の感触がいいものを購入するのが適切だと思います。価格に釣られずに、肌に優しいスキンケアをしたいものです。
カラダの中でコラーゲンを手っ取り早く産生するために、コラーゲン飲料を選ぶ場合は、併せてビタミンCが加えられているタイプにすることが大切だと言えます。
主に動物性食品に含まれるビタミンAは皮膚の再生に影響を及ぼし、ビタミンCというのは体内に存在するコラーゲンの生成補助をしてくれるのです。言い換えれば、色々なビタミンもお肌の潤いのことを思えば必要不可欠なのです。
肌に水分を与えただけでは、満足に保湿しきれません。水分を貯めて、潤いを保つ肌の必須成分である「セラミド」を今日からスキンケアに組み込むというのも効果的です。
スキンケアの効果を引き出す導入液は、肌表面に残る油分を取り去る働きをするのです。水と油は共に混じり合わないのが一般的なので、油を除去することで、化粧水の吸収・浸透を促しているということになるのです。
温度も湿度も低くなる冬のシーズンは、肌からすると特に厳しい時期になります。「しっかりスキンケアをしたって潤いがキープできない」「肌がゴワゴワ、ザラザラする」等と意識し始めたら、今すぐスキンケアのやり方を吟味するチャンスです。
毎日の美白対策という意味では、紫外線ケアが不可欠です。それにプラスしてセラミドのような天然の保湿成分で、角質層が有する皮膚バリア機能を強化することも、UVカットにいい影響を及ぼします。
加齢に従い、コラーゲン量が低下してしまうのは納得するしかないことであるから、その部分は腹をくくって、どうやったら保ち続けることができるのかを念頭に置いた方がいいのではないでしょうか。
コラーゲンを身体に取り込むために、サプリメントを利用しているという人も多いようですが、サプリのみでOKとは断言できません。たんぱく質も組み合わせて取り入れることが、美しい肌のためには有効と一般的に言われています。
美しい肌のベースは絶対に保湿です。水分や潤いが十分な肌は、キメが整っていて透明感があり、老け顔の一因であるシワやたるみ等ができにくくなっています。どんな状況にあっても保湿に意識を向けていたいものです。
体内のコラーゲンの量は二十歳ごろが頂点で、その後減って行くことになり、60代の頃には約75%に落ちてしまいます。年々、質も落ちていくことが認識されています。
毎日のようにひたむきにスキンケアを実施しているのに、変わらないという事例もたくさんあります。そういった方は、適正とは言い難い方法で常日頃のスキンケアをやり続けている可能性があるので見直す必要があるかもしれません。
肌に欠かすことのできない美容成分がふんだんに配合された便利な美容液ですが、誤った使い方をすると、肌の悩みを更に酷くする恐れがあります。まず第一に注意書きを確実に読んで、真っ当な使い方をすることが大切です。
肌の質に関しては、生活環境やスキンケアで変わってしまうケースも多々あるので、手抜きはいけません。だらけてスキンケアを簡単に済ませたり、たるんだ生活を継続したりするのはやめるべきです。

脇のスキンケア

広範囲に及ぶスキンケア化粧品のトライアルセットをお取り寄せしてみて、肌につけた時の印象や実際の効果、保湿力の高さ等で、好ましく感じたスキンケアをお伝えいたします。
数え切れないくらい存在するトライアルセットの中で、最も人気のあるものは、何と言ってもオーガニック化粧品として馴染のあるオラクルだと断言できます。コスメに詳しい美容ブロガーさんが絶賛する製品でも、総じてトップに挙げられています。
手に関しては、意外と顔にくらべて手入れをしないのではないでしょうか?顔に関してはローションとか乳液を駆使して保湿しているのにもかかわらず、手の保湿はスルーされていることが多かったりします。手はすぐ老化しますから、今のうちにお手入れを。
美容にも健康にもいいと評判のプラセンタサプリは、過去に副作用が出て大問題となったことはありません。そう言い切れるほどに安心できて、躯体に刺激がほとんどない成分と言って間違いありません。
美肌の土台となるのは絶対に保湿です。水分や潤いが十分な肌は、キメが整っていて透明感があり、年齢を感じさせるしわやたるみがそう簡単にはできないのです。できる限り保湿を心掛けたいものです。
夜10時~深夜2時は、肌が生まれ変わる活動が最大になるゴールデンタイムと女性誌などでは呼んでいます。肌細胞が新しい細胞と入れ替わるこの重要な時間帯に、美容液を活用した集中的なお肌のケアを敢行するのも素晴らしい使用の仕方です。
顔を洗った直後というと、お肌に留まっている水分が瞬間的に蒸発することが原因で、お肌が極度に乾きやすい時でもあります。急いで適切な保湿を施すことをお勧めします。
美白肌を手に入れたいのであれば、デイリーの化粧水は保湿成分に美白作用のある成分が追加されている商品を入手して、洗顔した後の衛生的な肌に、思いっきり馴染ませてあげるのが一番です。
お肌の防護壁となる角質層に確保されている水分について説明しますと、2~3%ほどを皮脂膜、おおよそ17~18%前後を天然保湿因子、あと約80%ほどは、セラミドと呼ばれる角質細胞間脂質の機能により確保されているのです。
お肌の中にあるヒアルロン酸の量は、50手前辺りから急激に減り始めると指摘されています。ヒアルロン酸が低減すると、ぴんとしたハリと潤いが減少し、肌荒れやかさつき・かゆみなどの肌トラブルの主因にもなることが多いのです。
真皮という表皮の下部に存在して、ハリのある肌には欠かせないコラーゲンを生産しているのが繊維芽細胞と呼ばれる細胞です。よく耳にするプラセンタは、若々しい肌をキープしてくれる繊維芽細胞の働きを活発にして、コラーゲンの生産を補佐しているのです。
大切な役割を担っているコラーゲンだとしても、年を積み重ねる毎に少なくなっていきます。コラーゲンの量がダウンすると、肌のモッチリ感は維持されず、頬や顔のたるみに直結してしまいます。
どれだけ保湿をしても肌の乾きが収まらないという場合は、潤いを保持するための必要不可欠な成分である「セラミド」という天然の保湿物質の欠乏があげられます。セラミドが肌に多いほど、角質層に潤いを保つことが見込めるのです。
顔を丁寧に洗った後、蒸しタオルを20秒から30秒間顔に当てると、お肌の毛穴がより大きく開いた状態に自ずとなります。その際に重ねて使用し、キッチリと浸透させることができれば、もっと有効に美容液を用いることが可能です。
大抵の乾燥肌に頭を抱えている方は、肌を「こすり過ぎる」ことと「洗いすぎ」のせいで、皮脂や細胞間脂質、天然保湿因子というもともと存在している保湿素材を洗顔で流しているのです。

脇にも美白化化粧品

「女性の必需品化粧水は、低価格品でOKなのでふんだんにつける」、「化粧水をつける時に100回程度やさしくパッティングを行うとよい」など、化粧水を断トツで重要とみなす女性は少なくないようです。
肌の質については、生活習慣やスキンケアで変わってしまうケースもあり得るので、油断できません。気を抜いてスキンケアをないがしろにしたり、不規則になった生活に流されたりするのは正すべきです。
プラセンタのサプリメントは、今に至るまで重篤な副作用が発生し不都合が生じたことはほとんど無いのです。それほどまでに高い安全性を持った、人の身体に異常をきたすことがない成分といえると思います。
セラミドの潤い力は、肌にできた小じわや荒れた肌を軽くしてくれますが、セラミドを作る際の原材料の価格が高いので、それが含有された化粧品が高価なものになることも多々あります。
日毎堅実に対策をするように心掛ければ、肌はちゃんと応じてくれるのです。いくらかでも成果が出始めたら、スキンケアを行うひとときも苦にならないと思われます。
美容液は水分が大量に含まれていますから、油分が多めのアイテムの後に利用しても、有効性が半分に落ちます。顔を丁寧に洗った後は、まずは化粧水、続いて乳液の順で肌に伸ばすのが、普通のやり方です。
ぴんとしたハリや潤いがある美肌になりたいなら、コラーゲン、ヒアルロン酸、それから美肌に必要なそれらの成分を生産する真皮繊維芽細胞と呼ばれるものが肝心な素因になってきます。
化粧水や美容液に含有されている水分を、一体化させるようにしながらお肌に付けるのが重要なポイントになります。スキンケアに関しましては、なんといってもどの部位でも「念入りに塗布する」ことが大切になります。
老いとともに、コラーゲン量が減って行くのは回避できないことであるので、それに関しては認めて、どんな方法を用いれば守っていけるのかを思案した方がいいかもしれません。
手っていうのは、実際のところ顔と比較して手入れをしないのではないでしょうか?顔に関してはローションとか乳液を駆使して保湿をサボらないのに、手に関しては放置しているケースが案外多いのです。手は早く老化するので、早期にどうにかしましょう。
ヒアルロン酸が入っている化粧品の作用によって実現可能な効能は、高水準の保湿能力による水分不足による小ジワの予防や修繕、肌がもともと持っているバリア機能の維持など、美肌を実現するためには重要、かつ原則的なことです。
実際に肌につけてみて良くなかったということになったら、せっかく買ったのにもったいないので、経験したことのない化粧品を購入しようと思ったら、まずはトライアルセットを買って見極めるという段階を踏むのは、なかなかいい方法だと思います。
午後10時~午前2時の5時間は、お肌が生まれ変わろうとする代謝パワーが最高潮に達するゴールデンタイムです。肌細胞が新しい細胞と入れ替わるこの時間帯に、美容液を用いた集中的なスキンケアを実行するのも理想的な使用の仕方です。
高い保湿能力を持つとされるものの中でも、殊更保湿能力が高いのがセラミドだとされています。どれだけ乾燥の度合いの強いところにいても、お肌の水分を外に出さないサンドイッチみたいな構造で、水分を保持していることによります。
「いわゆる美白化粧品も活用しているけれど、更にプラスして美白サプリメントを飲むと、当たり前ですが化粧品のみ用いる時よりも早く効いて、納得している」と言う人が多いと聞きます。

汗をかきにくくする努力をする

夏のように暑いわけではないのに、汗を大量にかいてしまうというようなことがありますよね。

緊張して汗をたくさんかいてしまったという経験がある方も多いと思います。

たとえば、発表会の前とか、プレゼンテーションの前とか、人前に出る前とか、いろいろな状況が考えられます。

人前で緊張する

しかし、そういった緊張を伴う場合でなくても、汗を普段からかいてしまう人もいます。

手に汗を大量にかきすぎて、ペンが持てないといった症状がある方もいらっしゃいます。

そういった方は多汗症という症状である可能性が考えられます。

症状があまりにひどい場合には皮膚科を受診するのも1つの方法だと思います。

そのほかには、日頃から汗をかきにくく体質づくりをするという方法を取りいれることも必要なのかもしれません。

汗をかきやすい人の特徴として、いくつかあげられます。

脂っこいものが好き、辛いものが好き、肉が好き、インスタントやファーストフードが好き、お酒をよく飲む、冷たいものをよく食べるなどの人が汗をかきやすいと言われています。

このような食事は、体が冷えたり、血行を悪くしたりして、体に良くありません。

血液がドロドロになってしまい、汗が濃くなってしまって、ニオイがきつくなるといわれています。

こういった食生活を続けていると、ワキの汗もニオイがきつくなってしまい、ワキガへとなってしまう可能性が高くなってしまいます。

汗を大量にかいて、ニオイが気になる方は、普段の食生活を見直す必要があるかと思います。

また、運動不足、肥満、ストレスなども汗のニオイをきつくする原因と言われていますので、生活習慣も見直す必要があると思われます。

ただ、ワキに汗をかいても、自分がワキガであるかどうかはわからないと思います。

ワキガである可能性がある人は、耳垢が湿っているといわれています。

湿った耳垢の人は、自分がワキガであるかもしれないと疑っても良いかもしれません。

ワキの汗のニオイや大量に出る汗が気になる方は、脇汗シートや脇汗インナーなどを使用して、ワキの汗対策をしてみると良いのではないでしょうか。

 

ワキを清潔に保つ

人によって大量に汗をかいてしまう人もいます。

汗をたくさんかいてしまうかどうか、体質もあるので、その人のせいだと一概にいうことはできません。

汗をかく

汗は体温調節のためにかくといわれています。

汗をかく時にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つの汗腺が関係しています。

エクリン汗腺は言ってみればただの汗なので、ニオイなどを気にする必要がない汗です。

一方、アポクリン汗腺は皮膚の細菌によって、ニオイを発する汗となってしまいます。

そのため、アポクリン汗腺の汗に注意が必要です。

アポクリン汗腺は、ワキ、耳や陰部など汗腺がある場所が限られていて、本来は哺乳類のフェロモンとして発する汗と言われています。

そのような汗なのですが、人間の場合は嫌なニオイとして発してしまうので、アポクリン汗腺の汗のニオイ対策が必要となってしまいます。

アポクリン汗腺の中でも特に気にする必要があるのはワキだと思われます。

ワキは、外部に接する部位なので、ワキからのニオイが周囲に広がってしまうことが懸念されます。

アポクリン汗腺のワキからの汗のニオイがいわゆるワキガと言われるものとなってしまいます。

ワキガは自分ではワキガであることがわからないと言われています。

そのため、周囲の人がその人にワキガであることを指摘してあげないと、その人は自分がワキガであるということがわからないのですが、本人に「あなたはワキガだよ。」なんて言う勇気はないと思うので、本人はワキガであることを気が付かないまま、ワキガのニオイを発して毎日を暮らさなくてはいけなくなってしまっています。

せめて、家族が「ワキガかもしれないよ。」と指摘してあげられるといいのですが、ワキガは体質が遺伝するものだとも言われていますので、家族もワキガである可能性が高いため、ワキガであることを指摘することができないという悪循環に陥ってしまっている可能性が十分に考えられます。

ワキガを少しでも防ぐためには、ワキを清潔に保つことが必要です。

ワキの皮脂と細菌がワキガに関係しているわけなので、ワキの下を清潔にして細菌がいない状態に保つことが大切であると言うことがいえます。

たとえ、ワキガでなくても、ワキは汗をかきやすい場所なので、常に清潔に保っておく必要があると思います。

ワキは日頃から清潔に保つようにしておきましょう。

汗を大量にかいてしまう人は

緊張すると汗をかいてしまうということがあるかと思います。

ただ、緊張しているわけではないのに、普段から汗をかいてしまうという人もいます。

汗をかく人

汗をかくのは体温を調節するためにかくといわれています。

なので、熱が出た時などには、汗をかいて体温を調節することになります。

しかし、熱などが出ているわけではないのに、大量に汗をかいてしまうといった人もいます。

そのような人は、汗をたくさんかいてしまう症状に該当すると思われます。

汗をかいてしまうのにはホルモンバランスなども関係しているので、更年期などにも暑くもないのに汗を大量にかいてしまうといった症状が出てしまう場合もあります。

大量に汗をかいてしまっても、まだ無臭だったらいいのではないでしょうか。

問題なのは、その汗にニオイがあるということです。

たまに、ワキに大量の汗をかいている人を見かけることがあるかと思います。

誰の目から見ても、ワキのところだけびしょびしょに濡れているような状態になっている人がいます。

そういった人は多汗症だと思われます。

でも、そのびしょびしょのワキからニオイがしなければまだマシですよね。

ワキがびしょびしょの状態で、さらにニオイまでしてしまったら、無意識に近くに寄りたくなくなってしまうかと思います。

ワキからニオイがするのはワキガといわれる症状です。

何とも言えない独特のニオイをワキガになると発します。

ワキガは体質が遺伝して、それが発症するかどうかなので、近親者にワキガの人がいたら、将来自分もワキガになる可能性があるかもしれないということを頭の隅に入れておいた方が良いかもしれません。

ワキガになってしまっても、他の人からまず指摘されることはありません。

あなたのワキのニオイがキツイということを指摘してくれるような親切な人はいません。

そのため、ワキガになる可能性がある方は、ワキのニオイを抑える努力を日頃からしておいた方が無難だと思います。

ミョウバンにはワキの汗を抑え、ニオイも抑える効果があると言われていますので、ミョウバンでミョウバン水を作って、ワキのニオイ対策に使うというのも1つの方法だと思います。

ニオイには制汗剤を使ってみる

いつの季節もニオイが気になりますよね。

気になるニオイ対策をしないと、まわりの人に迷惑をかけてしまったり、嫌がられてしまったりしてしまいますよね。

満員電車がいい例だと思います。

満員電車のような空間で、ニオイのキツイ人がいると、それだけで不快な思いをして、電車に我慢して乗らないといけない状態になってしまいます。

満員電車は本当に厳しいものがあると思います。

ニオイがキツイ

でも、本人は自分のニオイがキツイということに気が付いていない場合が多いんです。

自分のニオイというものは実は気が付きにくいもので、他人に指摘してもらわないとわからないものなんです。

でも、家族でもない限り、ニオイのキツイ人に、「ニオイがキツイよ。」なんてアドバイスしてあげることなんてできないと思います。

何もなかったようにその人に接するのが精一杯なのではないでしょうか。

ニオイのもととなるものには汗があります。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つがあります。

エクリン汗腺は、体温を調節するためにそこから汗をかきます。

アポクリン汗腺は、皮膚の限られた場所に集中して分布しています。

このアポクリン汗腺がクセモノで、ここから発する汗が皮膚の常在細菌の作用で分解してニオイを発することになってしまいます。

わかりやすいものがワキガです。

ワキから大量の汗をかいて、他の人から見てもワキだけがびしょびしょに濡れた状態でひどいような人もいるかと思います。

このワキから発するニオイがキツイとワキガとして、他の人に「あの人はワキのニオイがきつい」と思われてしまうんです。

こういったニオイ対策として、制汗剤を使うという方法があります。

汗を抑える制汗剤には色々な種類があってどれがいいか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。

たとえば、クリアネオという汗を抑える商品があるのですが、クリアネオの効果を実際に体験した人の記事などを読んでみるのも1つの方法だと思います。

口コミなどで汗を抑えるのに適した制汗剤などが紹介されていますので、是非、そうしたものを参考にしてみて、汗を抑えてワキガなどを抑える努力をしてみることをおすすめします。

加齢臭は他人事ではない

満員電車に乗っていて、おじさんのきついニオイで気持ち悪くなったりすることがあるかと思います。

おじさん特有のニオイで、いわゆる加齢臭というものです。

加齢臭は男性だけのものと思いきや、女性にも加齢臭というものがあるそうです。

女性の加齢臭は女性ホルモンが大きく関係しているようです。

女性ホルモンが35歳前後から減り始めると言われています。

そのため、女性もこのぐらいの年齢から加齢臭を発していないかどうか、気にする必要が出てきます。

加齢臭には皮脂が関係しています。

皮脂の分泌を女性ホルモンは抑える働きがあるのですが、女性ホルモンが減るようになると、皮脂の分泌を抑えることができなくなってしまい、女性も加齢臭を発する可能性が出てきてしまうようになってしまいます。

また、それに加えて、抗酸化物質も関係しているといわれています。

体内には抗酸化物質というものがあり、抗酸化物質によって酸化を抑えることができていました。

しかし、40歳頃から抗酸化物質の働きが弱まって、活性酸素によって細胞が酸化しやすくなってしまいます。

それにより、皮脂が酸化しやすくなってしまって、ニオイを発する加齢臭へと進化してしまいます。

そういったことからも、女性であっても、加齢臭と無縁ということはありません。

女性ホルモンが減少する35歳~40歳ぐらいから加齢臭対策を女性も行っていく必要があると思われます。

加齢臭は自分では気が付きにくいものです。

かといって、他の人が自分が加齢臭を発しているということを指摘してくれるわけではありません。

自分がもしかして加齢臭かもと思う方は、加齢臭対策をしておくことをおすすめします。

ニオイのもととなるものは動物性たんぱく質だといわれています。

お肉をよく食べる人は要注意です。

大腸で動物性たんぱく質が悪玉菌に分解されるとニオイのもととなるアンモニアなどを作り出します。

悪玉菌でなく、善玉菌に効果のあるものを食べる必要があります。

善玉菌に効果のあるものとして、食物繊維があります。

食生活

ごぼう、ブロッコリー、ひじきなどに食物繊維は豊富に含まれているので、それらを摂って悪玉菌に負けないようにすることをおすすめします。

また、抗酸化作用の強いたまねぎ、ほうれん草、にんじんなども多く食べると、抗酸化作用が強くなって、皮脂の酸化を防ぐことができます。

加齢臭が気になる方は、まずは食生活から見直してみることをおすすめします。

ワキにたくさん汗をかいてしまう人は

緊張したりしてワキにたくさん汗をかいてしまうことがあるかと思います。

ワキにたくさん汗をかいてしまうと、ひどい人は、服のワキの部分だけびしょびしょに濡れたような状態になってしまうと思います。

ワキの汗

こうなると、見た目からして美しくありません。

「私はワキに汗をたくさんかいています」と自分で言っているようなものです。

こうなると、気になるのはワキにかいた汗が他の人に臭わないかどうかということです。

他の人にニオイが伝わってしまうのではないかという不安が出てくるかと思います。

こういった不安が、またさらにワキの汗を増やしてしまう原因にもなってしまいます。

おそらく多くの人が、服を着る時にワキに制汗剤を使って、汗をかかないように工夫しているかと思います。

制汗剤を使って、ワキに汗をかかないようにしたり、汗がにおわないようにするなどしているかと思います。

でも、制汗剤を使っても全く効き目のない方もいらっしゃいます。

ワキだけびしょびしょに濡れたような状態になるぐらい汗をかいてしまう方は多汗症を疑ったほうが良いかもしれません。

腋窩多汗症といって、ワキに大量の汗をかいてしまう症状というものが存在します。

こうした人のケースで考えられることは、緊張したりストレスと感じたりすると、余計に汗をかいてしまうといった場合が考えられます。

汗は汗腺が関係していて、2つある汗腺のうちアポクリン汗腺から出る汗がニオイのもととなっています。

アポクリン汗腺から出た汗は、キツイにおいを発するので、これがワキガと呼ばれるものの原因になっていると考えられます。

ワキに他の人が見ても、ワキに汗を大量にかいているというのがわかるぐらい汗をかいているような方はワキガには要注意です。

アポクリン汗腺から出た汗と皮脂、皮膚にある細菌と結びついてしまうと、いわゆるワキガと呼ばれる強烈なニオイを発することになってしまいます。

そしてタチが悪いのは、自分がワキガであるということがわからないことです。

また、ワキガは他の人がなかなか指摘をしずらいものなので、いつまで経ってもワキガのままでい続けることになってしまいます。

こういったことからも、ワキに他の人が見てもわかるぐらい大量の汗をかいてしまっている場合には、ワキガを疑ってみた方が良さそうです。

女性でもある加齢臭

満員電車などに乗っている時に、いわゆるおじさんと呼ばれるような人のニオイが気になって、一緒の電車に乗っているのが苦痛になった経験がある方も多いかと思います。

ニオイが気になる女性

そのニオイはいわゆる加齢臭と呼ばれるもので、おじさんが発するニオイとしてよく知られています。

しかし、女性にも加齢臭が存在するということをご存じでしょうか。

つまり、加齢臭は男性だけが注意していればいいものではなく、女性も加齢臭にならないように気を付ける必要があるというわけです。

では、どうして加齢臭を発してしまうのでしょうか。

加齢臭を発してしまう原因としていくつかあげることができます。

加齢臭は生活習慣の乱れが原因だといわれています。

不規則な生活や偏食、ストレスなどが原因としてあるそうです。

加齢臭は、皮脂やバクテリアからノネナールという物質が発生して加齢臭の原因を作り出してしまうようです。

このノネナールは、加齢臭のニオイの根源で、首回りにたまりやすいといわれています。

そのため、加齢臭を防ぐには、襟元などを中心に清潔にしていく必要があるようです。

加齢臭はシャワーで洗い落とせるような簡単なものではなく、その人にこびりついているようなものです。

そのため、余計にタチが悪いニオイだということがわかるかと思います。

また、加齢臭はその他のニオイと一緒になって、さらにひどいニオイへと変化をとげます。

たとえば、タバコのニオイやワキのニオイ、汗、口臭などと結びついて、より強力な加齢臭となってしまう傾向にあるようです。

この厄介な加齢臭対策として、まずは首の部分を中心にしっかりと石鹸系のボディソープなどを使って、皮脂などを洗い流すことが必要です。

また、食生活も見直すことが必要です。

肉類やアルコールの摂取を控えて、野菜や食物繊維、海藻類などを多く摂るようにすると、加齢臭を抑えることができるそうです。

そのほかに、タバコやストレスも加齢臭になる原因だといわれています。

そのため、生活習慣の見直しも必要となってきます。

食生活、生活習慣を見直して、嫌なニオイである加齢臭をなくしていけるように努力していきましょう。